ガンダムを愛し続けて30年。

ガンダムマスターズで歴史を振り返る!

ガンダムとの出会いはスーパーロボット大戦がきっかけでした。

私がこのガンダムマスターズを始めるきっかけを考えると、今思えば高校までさかのぼります。 高校生の頃、友達からゲームボーイアドバンスのスーパーロボット大戦をすすめられて、初めは「シュミレーションゲームなんてやったことないからどうなんだろう?まぁ暇つぶしにやってみるか」の程度でした。出てくるキャラクターのほとんどがわからず、唯一知っていたのがゲッターロボ、マジンガーZ、そしてガンダムでした。 それでも名前しか知らなかったので、初めは「ストーリー全然わからん!」状態です。 しかしゲームを進めるうちにストーリーが面白くなり、徐々にのめりこんでいきました。

今でも印象に残っているのが

「機動戦士ガンダム0083」のコウ・ウラキ少尉が初めての宇宙戦闘でガンダム試作1号機を全く動かせない状態になっていたときのことです。 そのときのストーリーですが、地球から宇宙へ出た直後に敵対するシーマ艦隊に出会ってしまい、ガンダム試作1号機はまだ地上用に機体がセッティングされていて、宇宙に出ると姿勢制御がきかない状態です。それでもウラキ少尉は出撃してしまい、出撃してから一歩も動けない状態になっていたのです。 そのときは「なんでガンダムなのに宇宙で動けないんだろう?」と疑問に思っていました。地上用、宇宙用、汎用型などのモビルスーツがあるなんて知りもしませんでした。他にもたくさんの疑問があり、そこで「もっとガンダムについて知りたい!」と思い、徐々にガンダムにはまっていきました。

当時ガンダムに出会った時期

はまだ「You tube」はまだサービスが開始していなく、「ウィキペディア」はまだまだコンテンツが足りていないときでした。 そのため情報を収集するには自分でアニメを一から見る必要があります。 アニメはビデオ(当時あまりDVDが普及されていなかった)で見て、ゲームはプレイステーションなどから始め、あらゆるジャンルを網羅しました。もちろんその後は関連の漫画も制覇します。 高校生、大学生のありあまる時間を全てガンダムにつぎこんでいました。自分の青春時代はほとんどガンダムで埋め尽くされています。

今なおガンダム関連のゲームや漫画は世に出続けています。

そして今一番はまっているゲームが「ガンダムマスターズ」(ガンマス)です。 スマホで簡単に遊べるので是非みなさん一緒にガンマスを楽しみましょう!

ガンマスはGREE内で遊べるソーシャルカードゲームで、ゲームの難易度が低いためだれでも楽しめます。 さらにガンダムマスターズに登場するキャラクターは全シリーズから集められているので多くの年代の方にお楽しみいただけます。

宇宙世紀

ガンダムシリーズの中での紀年法は大きく分けて二つあります。 ひとつは「宇宙世紀」。 これは多くの人が知っている・・・

モビルスーツの戦闘について

モビルスーツでの戦闘がガンダムの魅力のひとつでもあります。 長距離戦、支援攻撃、間接射撃などモビルスーツの戦闘・・・

現実社会にも通じる問題提起

ガンダムはシリーズを通して全てに共通するのが「戦争」です。 現実の世界でもいまだ紛争や内戦が続いている国があり・・・

ガンダムで繰り広げられる人間ドラマ

  ガンダムは1979年に放送が開始され、30年以上も経ちますが今でも人気のアニメとなっています。ど・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ